“危巌”の読み方と例文
読み方割合
きがん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ようやく登り詰めて、余の双眼が今危巌きに達したるとき、余はまれたのごとく、はたりと画筆を取り落した。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
足裏を破りを傷つけ、危巌を攀じ桟道を渡って、一月の後に彼はようやく目指す山顛辿りつく。
名人伝 (新字新仮名) / 中島敦(著)
この寺の建築は小き者なれど此処の地形は深山の中にありてあるいは千仞危巌突兀として奈落をみ九天を支ふるが如きもあり、あるいは絶壁、屏風なす立ちつづきて一水潺々と流るる処もあり
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)