“勇往邁進”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆうおうまいしん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“勇往邁進”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
が、なんじすべからく現代を超越し、目標を遠き未来に置いて、勇往邁進ゆうおうまいしんせねばならぬ。
破壊までの目標へは、狼煙ろうえん一つで、結束もし、勇往邁進ゆうおうまいしんもするが、さて次の建設の段階にすすむと、必ずや人心の分裂が起る。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)