“切崩”の読み方と例文
読み方割合
きりくず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼奴さぬうち、切崩さば、何の一溜りもあるべき。天下の雌雄を決し、われらが大志を果すとき、この節到来。今ぞ到来ぞや。——怠るな各〻
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その次に車の止まったのは、切崩した山を背負っている、藁屋根の茶店の前だった。二人の土工はその店へはいると、乳呑児をおぶったさんを相手に、悠悠と茶などを飲み始めた。
トロッコ (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
く二葉亭は八門遁甲というような何処から切込んでも切崩す事の出来ない論陣を張って、時々奇兵を放っては対手らしたり悩ましたりする擒縦殺活自在の思弁にる長じていた。
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)