“悠悠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いういう42.9%
ゆうゆう42.9%
いう/\14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
巴里く慣れて居た者が倫敦に来て不便を感じるのは、悠悠店前の卓に構へる事の出来る珈琲店く無いのと、食物不味いのとである。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
なにしろ人間の乗っていない飛行機が、操縦者でもあって操縦しているかのように悠悠と着陸したことであるから、人びとはまるでにでもつままれたように不思議がっていた。
人のいない飛行機 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
悠悠と人間の街に帰るよしもがな。
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)