“今川橋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いまがはばし50.0%
いまがわばし50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今川橋夜明しの蕎麥掻きをひは千きをげて大海をもえつべく、りのいてくもあれば、猪武者
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
その外今川橋飴屋石原釘屋箱崎の呉服屋、豊島町の足袋屋なども、皆縁類でありながら、一人として老尼の世話をしようというものはなかった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)