“今川了俊”の読み方と例文
読み方割合
いまがわりょうしゅん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
命松丸は生涯、兼好法師にかしずき、兼好の死後、師の反古を集めて今川了俊に提出し、あの“徒然草”を残した者だといわれている。
随筆 私本太平記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
二条流では頓阿から二条流歌学をけた権大僧都経賢がおり、冷泉流では為秀に教をうけた今川了俊が、幼き冷泉為尹(為秀ので後をいだ)をたすけて侃々の論を吐いていた。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
時に王既に今川了俊の為に圧迫せられて衰勢に陥り、征西将軍の職を後村上帝の皇子良成王に譲り、筑後矢部に閑居し、読経礼仏を事として、兵政のをば執りたまわず、年代齟齬するに似たり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)