がたき)” の例文
「だってあきんどの身になれは、同じ町内にあんな大きな商売ができてみると、糊口が立ってゆくかゆかないかの瀬戸ぎわですもの」
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
度々来ているうち、その事もなげな様子と、それから人の気先をね返す颯爽とした若い気分が、いつの間にか老妓の手頃な言葉となった。
老妓抄 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
私はそれらの婦人が醜業婦を憎むのを見るたびに、彼らは無意識に商売を憎んでいるのであるという感を禁じ得ない。
私娼の撲滅について (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
度々来ているうち、その事もなげな様子と、それから人の気先ね返す颯爽とした若い気分が、いつの間にか老妓の手頃な言葉となった。
老妓抄 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)