“人山”の読み方と例文
読み方割合
ひとやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嫌々腰をげて見ますと、ここにも揉烏帽子侍烏帽子人山を築いて居りましたが、その中に交ってあの恵門法師も、相不変鉢の開いた頭を一きわ高く聳やかせながら
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
住吉新慶町辺に来ると、て六番、八番の両隊が舎営していたことがあるので、路傍に待ち受けてを惜むものがある。堺の町に入れば、道の両側に人山を築いて、その中から往々欷歔の声が聞える。
堺事件 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
吾妻橋欄干によって、人が大ぜい立っている。時々巡査が来て小言を云うが、すぐまた元のように人山が出来てしまう。皆、この橋の下を通る花見の船を見に、立っているのである。
ひょっとこ (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)