“二捲”の読み方と例文
読み方割合
ふたまき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それあ何だね」道太は何だかいっぱい入っている乱れ函の上にある、二捲の反物に目をつけた。
挿話 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
掻拂をぐる/\きに、二捲いてぎり/\と咽喉める、らるゝしさに、うむ、といて、ざまに仰反る、と、膏汗身體つて、めた。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
掻拂を、ぐる/\きに、二捲いてぎり/\と咽喉める、らるゝしさに、うむ、といて、ざまに仰反る、と、膏汗身體つて、めた。
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)