“乱臣賊子”の読み方と例文
読み方割合
らんしんぞくし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
離れるほどなら、秀吉ずれの乱臣賊子の仲間入りするより、将来の大器と尊敬している徳川家康どのへ従うだろう
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あるいは公然と演説するにしても事実をげて武王太公の政策やら人身を攻撃したならば、彼らは決して義人でもなければ、善人でもなく、後世は彼らを乱臣賊子と呼ぶであろう。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
その長官たる私が、昭和十年の始め頃からある種の新聞で乱臣賊子と大がかりに罵倒された。在郷軍人会も大挙してこれに共鳴した。そして四方八方から、目を光らせて私をめるようになった。
親は眺めて考えている (新字新仮名) / 金森徳次郎(著)