“中支”の読み方と例文
読み方割合
ちゅうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「お父さま、あたし、いま中支でやっている同恵会の仕事を見学に行きたいと思うんですけど……」
そして、その父親が、中支戦線で、激戦戦死げたというらせがとどいたので、さすがに、のものはじめ、人々は、まったくのようながしたのであります。
僕はこれからだ (新字新仮名) / 小川未明(著)
北支から、中支へ二ばかり。」
しらかばの木 (新字新仮名) / 小川未明(著)