“両翼”の読み方と例文
旧字:兩翼
読み方割合
りょうよく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつもならば奥の寝屋の戸はまだ開いている時刻ではないが、母屋も客間も、清掃されているばかりでなく、長屋門の両翼の扉はいっぱいに開かれていた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
爾迦夷両翼を開張し、しくを垂れて座をれ、低く飛揚して疾翔大力を讃嘆すること三匝にして、に座に復し、拝跪して願うらく、疾翔大力、疾翔大力
二十六夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
そして両翼嚮導によって整頓を正され終わると、そのあとはのように動かなくなった。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)