“一浦”の読み方と例文
読み方割合
ひとうら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
赤潮のは、炎の稲妻、黒潮の黒い旗は、黒雲の峰をいて、沖からと浴びせたほどに、一浦の津波となって、田畑も家も山へ流いた。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
だから、陸の一浦ぼして、ここへ迎え取ったのです。亡ぼす力のあるものが、亡びないものを迎え入れて、且つ愛し且つ守護するのです。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……こゝではも、も、ほとんど一浦のなぎさのにもるがく、全幅展望自由だから、も、れも、も、行方れるのである。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)