“めいど”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:メイド
語句割合
冥途50.0%
冥土46.4%
毎度2.9%
泉下0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの世へ向けて、冥途の旅の一里塚を一ツ一ツ踏ませてくれる。そのあげく、ばッさりやりゃあ、なんの仕損じることがあるもんか
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
誠に冥土の人にたような気がして、ソレカラいろ/\な話をて、清水と一緒になったと云うことも分れば何も仕舞た。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
立派なアお方さまの側で以てからにおア戴いたり、直接にお言葉を掛けて下さるてえのは冥加至極だと云って、毎度りますとお屋敷の噂ばかり致して居ります、へえ誠に有難い事で
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
(中略)めしと思ふかたきをかみころし、一念散ずるときは泉下へもゆくべきに、いまだ此土にとどまることのふしんさよと心をつけて見るに、さして常にかはることもなし。
案頭の書 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)