“びやうぶ”の漢字の書き方と例文
語句割合
屏風100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だから二人のみづらの頭は、黒白二羽のかもめのやうに、岩の屏風びやうぶを立てた岸から、見る見る内に隔たつてしまつた。
老いたる素戔嗚尊 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
幻の民五郎は、唐紙や屏風びやうぶの繪の中へも溶け込み、衣桁えかうや衣紋竹の着物の中へも消えて無くなると言はれました。