“はんぶん”の漢字の書き方と例文
語句割合
半分100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
でもいけなけりゃ、せめて半分だけでもげてやったら、りがかりの人達が、どんなにぶかれたもんじゃねえんで。……
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
まったくインデアンは半分っているようでした。第一かけるにしても足のふみようがもっと経済もとれ本気にもなれそうでした。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
そのさんに、彼處御覽、こゝを御覽、とひまして、半分のついた水晶がそこいらにらばつてるのをしてせました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)