“とぐろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
蜷局62.5%
25.0%
蟠蜒12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
富貴ふうきの色は蜷局とぐろを三重に巻いた鎖の中に、うずたか七子ななこふたを盛り上げている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それから蜷局とぐろくことゝををしへました
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
国手、お前んはまた毎晩のように、蛇がとぐろを巻いておる上で、お孝といちゃついてござる勘定だ。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
たまらないと言っちゃない。あいつ、麟を改めてうろことすればいい、青大将め。——聞けばそいつが(次第前後す、段々解る)その三崎町のお伽堂とかでとぐろを巻いて黒い舌をべらべらとやるのかい。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
長さは幾丈あるか鳥渡ちょっとは想像が付かぬ位で、黒い固い綱は狭い室内に蟠蜒とぐろを巻いて、其端そのはしは蛇の鎌首のように突っ立った。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)