“ついツとほり”の漢字の書き方と例文
語句割合
普通100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はさゝねど此坐このざなかにと普通ついツとほりうれしがらせをつて、やんや/\とよろこばれるなかから
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
自まんも恐ろしき胴間声どうまごゑかすみころも衣紋坂ゑもんざかと気取るもあり、力ちやんはどうした心意気を聞かせないか、やつたやつたと責められるに、お名はささねどこの坐の中にと普通ついツとほりの嬉しがらせを言つて、やんややんやと喜ばれる中から
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)