“だるま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ダルマ
語句割合
達磨92.5%
達摩7.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それがですね、塩田大尉」と、小浜という姓の兵曹長が、達磨のように頬ひげをったあとの青々しいしい顔をあげていいました。
怪塔王 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ここに達磨のことも言い添えておくべきでしょうか。木型を用い、紙で作ります。この県の唯一の窯場深谷であります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
かくて三年ばかり浮世を驀直に渡りれければ、勤むるに追付く悪魔は無き道理、殊さら幼少よりっての稟賦、雪をまろめて達摩り大根をりての形を写しゝにさえ、人を驚かせしに
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
達摩蒐集家として奇名隠れなかった理学士西芳菲山人の名が見える。