“そそくさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
匆惶14.3%
匇卒14.3%
匇皇14.3%
忽忙14.3%
急遽14.3%
性急14.3%
齷齪14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あとは石山氏に頼んで、彼等は匆惶そそくさと帰途に就いた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
翌朝は二人共源助に呼起されて、髪を結ふも朝飯を食ふも匇卒そそくさに、五時発の上り一番汽車に乗つた。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
間もなく、表二階に泊つてる職人が起きて来て、二人を見ると、『お早う。』と声をかけて妙な笑を浮べたが、二人は唯もうきまりが悪くて、顔を赤くして頭を垂れてゐる儘、鏡に写る己が姿を見るさへも羞しく、堅くなつて匇卒そそくさに髪を結つてゐたが
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
少し手間取つて、匇皇そそくさと小走りに清子が出て来た。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
忽忙そそくさ二重外套にじゆうまわし打被うちかつぎてづる後より、帽子を持ちておくれる妻はひそかに出先を問へるなり。彼は大いなる鼻をしわめて、
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
急遽そそくさして、実は逃構にげがまえも少々、この臆病者は、病人の名を聞いてさえ、悚然ぞっとする様子で、
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
古新聞を取つて性急そそくさに机の塵を払つたが、硯箱の蓋をとると、誰が使つたのか墨がれて居る。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
身を研ぐやうに 齷齪そそくさ
独楽 (新字旧仮名) / 高祖保(著)