“せきれき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
淅瀝66.7%
石礫33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秩父颪ちちぶおろしの烈しい晩など、サーッと軒を払って散る淅瀝せきれきの声が止むと、乾き切った杉の皮がサラサラと鳴る。
の刻を過ごした雨後の庭園は、鬱蒼うっそうと繁った木立におおわれ、所々に築山を見せ、深夜の月に照らされた鉛色の池を一方にたたえ、淅瀝せきれきたる秋風の渡るまにまに
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
此等の物は我の部分なるが如く、又外物なるが如く、庭前の松柏、路傍の石礫せきれきと同視することは出來ぬけれども、しかも亦我と相遠きを覺える。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)