“じつぽ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
十歩50.0%
實甫50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三人で、朝霧海岸へとんだ。武村兵曹猛犬稻妻へて、十歩ばかりむので、大佐とはんでんだが、一言い。あゝ、秘密なる發明とはであらう。
詩を善くし書を善くして、一時の名流に交つた。文政四年に七十の賀をした時、養拙齋高岡秀成、字は實甫と云ふものが壽序を作つて贈つた。二本傳次の妻は東里が長女の第八女であつた。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)