“じじつだん”の漢字の書き方と例文
語句割合
事実譚100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
裸形にしてただ腰のまわりに、草の葉をうていたとある。山姥の話の通りであるが、しかも当時の事実譚であった。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
で、普通の日本人の考慮から云うと、殺した方の人が化けて出るというのは、と理屈に合わぬようにえるが、何分にも其処が怪談、万事不可思議の所が事実譚価値であろう。
画工と幽霊 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)