“しんこんたうじ”の漢字の書き方と例文
語句割合
新婚當時100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新婚當時四五年故郷みなかつた時分穗科閣下は、あゝ糠鰊ひたいな、と暫々つて繰返した。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
貴方はな、とそれ、る。あのふものが、へる芙蓉しさ。自慢ぢやないが、外國にもひあるまい。新婚當時含羞んだ色合しく拜見などもおくない
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)