“しらはりちやうちん”の漢字の書き方と例文
語句割合
白張提灯100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勘次追憶へなくなつてはお墓塋いた。けてだらりとこけた白張提灯めしるのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
麁末棺臺つたかれて、つの白張提灯つの花籠とがてられた。お生來まないはないといつていゝであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)