“しゆんだん”の漢字の書き方と例文
語句割合
春暖100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たすかりたるのち春暖にいたればとなり良医しがたし。凍死たるはまづしば/\をあたゝめ稿火をもつて次第べし、りたるのちせず。
重価んとして春暖て雪の降止たるころ、出羽あたりの猟師ども五七人心を合せ、三四疋の猛犬き米とへ、水とは山中るにて用をなし、山より山を