“しゆつたつご”の漢字の書き方と例文
語句割合
出立後100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東帰を急ぐ晶子は第二第三の印象を書く暇も無く匆匆として巴里を見捨てたから、出立後に受取つた等の手紙の中の二三を訳して晶子へ送る事とする。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
學士出立後の一日二日より處業どことなく大人びてまでのまヽもはず、はり仕事よみ以前してをつヽしみありとも人寄芝居きしけねば
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)