“しゃべっ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
喋舌66.7%
多舌16.7%
饒舌16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「何を何時までべらべら喋舌てるんだい」と磯は矢張お源の方はないで、手荒く煙管いて言った。
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
だ僕は汗水に成て築地を聞合せたけどが博奕宿の有る所さえ分らなんだと斯う云えば彼奴必ず又図に乗て、手柄顔に自分の探偵した事も悉皆多舌て仕舞うテ無学な奴は煽起が利くから有難いナア
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
彼奴浮々悉皆多舌て仕舞たときやがッて
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
ソレもいよ/\官途に気がないとならば田舎にでも引込んで仕舞えばいに、都会の真中に居てかも多くの人に交際して、口も達者に筆もまめに、洒蛙々々饒舌たりたりするから
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)