“しゃっつら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
者面33.3%
這面33.3%
這顔33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今も今母親の写真を見て文三は日頃喰付けの感情をおこし覚えずも悄然と萎れ返ッたが、又悪々しい叔母の者面を憶出して又熱気となり、を握り歯を喰切
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「ハテそうしては彼娘が……」ト文三は少しくれたが……不図又叔母の悪々しい者面憶出して、又憤然となり、「糞ッ止めても止まらぬぞ」ト何時にない断念のよさ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
エエ、ままよこの人形の、艶かしい這面を、叩きのめし、手足をちぎってしまったなら、門野とてまさか相手のない恋も出来はすまい。
人でなしの恋 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
作りたる者なれどまでたる珠運ゾッと総身の毛も呼吸をも忘れ居たりしが、猛然として思いせば、たるキラリと動く機会に面色ち変り、エイ這顔の美しさに迷う物かは
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)