“しほあん”の漢字の書き方と例文
語句割合
塩餡100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と云つて、向いて木の間から渓の方へ食べかけたお萩の餅を捨てました。塩餡だつたのです。私も面白半分に
私の生ひ立ち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
エヽ唯今町人りまして、塩餡れへとますが如何りませう。殿「れろといふならやるがい。 ...
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
へい/\、では何卒ソノ塩餡ふのを頂戴したいもので。「左様か、へてさつしやい。 ...
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
御膳汁粉ふのが普通汁粉で、から紅餡ふのがある、白餡本紅れたのものぢやが、口熱冷却すとかす事ぢや、塩餡ふのがある、すのではない
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)