“さんしよ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サンシヨ
語句割合
山椒80.0%
20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なかから山椒さんしよりのちひさくむすんだやつしながら
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
山椒さんしよは小粒で珍重されると高い事をいふに、この野郎めと脊をひどく打たれて、有がたう御座いますと済まして行く顔つきせいさへあれば人串談ぢようだんとてゆるすまじけれど
わかれ道 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
しよりえてよみしに、○塔不剌たふふらとありてちゆうに○ねぎさんしよ○油○ひしほいりつけ