“さいづち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
才槌54.5%
木槌27.3%
才搥9.1%
柊揆9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何しろ鉄の才槌さいづちを双方の足へしばり附けて歩いてるんだから、敏活の行動は出来ないはずだ。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と恒太郎が腹立紛れに才槌さいづちを持って来て、長二の前へほうり出したから、お政は心配して、
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
かんぷりとはその木槌さいづちあたまに付けられた仇名で、つまり「かぶり」というのがなまったのだと思う。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
親父がバリカンをつかつて倉の髪を刈る時は、まるでドラ猫を絞めるやうな騒ぎであつた。倉の木槌さいづち型の頭は虎斑で、シラクモが蔓つてゐた。
創作生活にて (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
助「そりゃア親方が丹誠をしてこさえたのだから少しぐらいの事では毀れもしまいが、此の才搥さいづちなぐって毀れないとはちっ高言こうげんすぎるようだ」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
イヤうにもうにもじつ華族くわぞくのお医者いしやなどかゝるべきものではない、無闇むやみにアノ小さな柊揆さいづちでコツコツ胸をたゝいたりなんかして加之おまけひどい薬をましたもんだから、昨夜ゆうべうも七十六たびかはやかよつたよ。
華族のお医者 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)