“こつずい”の漢字の書き方と例文
語句割合
骨髄100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当たった時は驚いたものの、それほどでもないと思っていたのが、だんだん時をるに連れて骨髄こつずいに透って耐え難い。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そこを起つと、上野介の顔が、ちらと、彼方に見えた。顔を見ると、骨髄こつずいに抑えているものが、むらっと、うごいて来る。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)