“かいはい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
乖背50.0%
壊敗25.0%
改廢25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
決して乖背かいはい睽離きりしたいとは願わないようなものの、心は境にしたがッてその相をげんずるとかで
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
何でもなき宗儀作法の乖背かいはいから、民心帝室を離れ、皇帝を魔王サタンと呼ぶに及び
神社合祀に関する意見 (新字新仮名) / 南方熊楠(著)
伝統すでに二千年、ときには建武けんむの前後、室町末期のごとき、世風の壊敗かいはい、人心のすさびなど、嘆かわしい一頃ひところはあったにせよ、皇室への臣民の真心にはかわりはなかった。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日本にほん古來こらい地名ちめいを、郡町村等ぐんてうそんとう改廢かいはいとも變更へんかうすることは
国語尊重 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
このほかいにしへ地名ちめいを、理由りいうなく改廢かいはいした惡例あくれい澤山たくさんある。
国語尊重 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)