“おそるおそる”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
恐々75.0%
畏々25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ハテ何処どこにてか会いたるようなと思いながら身を縮まして恐々おそるおそる振り仰ぐ顔に落来おちくその人の涙の熱さ、骨に徹して
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
益々顔を皺めながら文三が続いて起上ろうとして、叔母に呼留められて又坐直すわりなおして、不思議そうに恐々おそるおそる叔母の顔色をうかがッて見てウンザリした。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
依嘱たのま畏々おそるおそるあかしたる事ありと、僕に話したが昔時むかし武辺者ぶへんしゃに、似通った逸事いつじの有る事を
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)