“いざな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イザナ
語句割合
98.3%
0.8%
誘拐0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と小声にじながら、を力に、岨路を登り詰めると、急に折れた胸突坂が、下から来る人を天に風情で帽にって立っている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
(略)其角を尋ね嵐雪を訪ひ素堂鬼貫に伴ふ、日々この四老に会してわづかに市城名利の域を離れ林園に遊び山水にうたげし酒をて談笑し句を得ることは不用意を貴ぶ
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
金まうけと、座長の角面はさつそくに思慮した。誘拐ふにらない。
光籃 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)