“あやかし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アヤカシ
語句割合
妖怪35.7%
怪異21.4%
魍魎21.4%
魔魅14.3%
妖魅7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こう云いながら葉之助は、気の毒そうに苦笑したが、「ははあこれも妖怪あやかしわざだな。さてどこから手を付けたものか?」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
このことで、荒廃した家などに住む妖怪あやかしが、美しい源氏に恋をしたがために、愛人を取り殺したのであると不思議が解決されたのである。
源氏物語:04 夕顔 (新字新仮名) / 紫式部(著)
それでも暗い空はいよいよ落ちかかって来て、なにかの怪異あやかしがこの屋形の棟の上に襲って来るかとも怪しまれた。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「見れば顔色もようない」と、男は重ねて言った。「おまえは怪異あやかしかれて命をうしなうというそうが見ゆる。あぶないことじゃ」
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
何やら魍魎あやかしが、自分の喉笛のどぶえを狙っているのを、夢心地に気が付いたのです。
余吾之介はその魍魎あやかしをかきのけるように、思わず二三歩引き退きました。
十字架観音 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
中の声と一緒に戸がいて、さッと明りが流れて来た。途端に、のしお頭巾の女の魔魅あやかし、すばやく姿を消している。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
新九郎は魔魅あやかしの声でも聞くように、宙に眼を吊らしてしまった。いかにもそれはお延が言う通りな虚無僧の尺八、縷々るるとしてむせぶような哀音が、彼方あなたの闇に迷っている。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
雪のせざさの金紋が、薄暗いその部屋の隅に、妖魅あやかしめいた光を放って——。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)