“狐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きつね93.4%
ぎつね2.7%
きつ1.5%
こんこん0.8%
こん/\0.4%
けえね0.4%
キツネ0.4%
コンコン0.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
曼珠沙華まんじゆしやげひら/\と、左右さいうえたるを、あれはきつねか、と夜戻よもどりの山法師やまぼふし
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そのことでは思うつぼもはずれてしまい、以来、村人からは白眼視されていたが、もともときつねたぬき以上なずるさを持つ李吉だった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そしてまたわたしは、あの菜の花の咲きつづく和泉の國、信田しのだもりくずぎつねの傳説をおもひうかべないではゐない。
春宵戯語 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
おとらぎつねのはなしは、どなたもよくご存じでしょう。おとら狐にも、いろいろあったのでしょうか、私の知っているのは、「とっこべ、とら子」というのです。
とっこべとら子 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
さしなべに湯沸かせ子ども櫟津いちひづ檜橋ひばしより來むきつむさむ
春宵戯語 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
ま日照りを夜の陰草かげぐさにたぶらかすきつのやからは犬にましめ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「谷中へ行ったんじゃありませんか。やはり、おこんこんの仲間で」
こんこんちきでもいるのかなア」
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ガラツ八は胸のあたりで拳固げんこを泳がせて、おこん/\の眞似をして見せます。
「谷中へ行つたんぢやありませんか。矢張り、おこん/\の仲間で」
けえねかあさん、おちゝを飲ましてくえないか。』
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
だからこの草にはキツネノタイマツ、火焔カエンソウ、野ダイマツなどの名がある。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
おもんみればくちばしとがった白面のコンコンが、古蓑ふるみの裲襠うちかけで、尻尾のつまを取ってあらわれそう。
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)