“鬼童丸”の読み方と例文
読み方割合
きどうまる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むかし源頼光が鬼童丸を斬ったとか、著聞集に見える追剥のはなしなどが、みなこの辺りの事となって、里の者や旅人の頭に沁みこんでいるからであろう。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おいらァ泥棒猫のように、垣根でうろうろしちゃァいねえからの。——それな。鬼童丸故智にならって、生皮じゃねえが、このっての、秋草城での籠城だ。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
何と驚いただろう。がお殿様と言ったのは、この頃都でも名の高い鬼童丸という大盗坊じゃ。お前は一たん奉公すると言ったからには、逃げる訳には行かないぞ。さあ、己と一緒にここで見張り番を
三人兄弟 (新字新仮名) / 菊池寛(著)