“骨牌遊”の読み方と例文
読み方割合
かるたあそび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
富山唯継の今宵ここにりしは、年賀にあらず、骨牌遊にあらず、娘の多くれるを機として、嫁選せんとてなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
らないで南京蟲つてゐるらう、繃帶められてんでつてゐるらう、患者等看護婦相手骨牌遊てゐるらう
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
まだらないで南京虫っているもあろう、繃帯められてんでっているもあろう、また患者等看護婦相手骨牌遊をしているもあろう
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)