“馬嵬”の読み方と例文
読み方割合
ばかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「わたくしはここから十余里の南に住んでいた者ですが、夫に死に別れて子供はなし、これから馬嵬駅にいる親類を頼って行こうと思っているのでございます」
その玄宗皇帝の御代も終りに近い、天宝十四年に、安禄山という奴が謀反を起したんだが、その翌年の正月に安禄山は僭号をして、六月、賊、る、出奔して馬嵬ず。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
唐の国でもこの種類の寵姫楊家の出現によって乱がされたなどとではいわれる。今やこの女性が一天下のいだとされるに至った。馬嵬の駅がいつ再現されるかもしれぬ。
源氏物語:01 桐壺 (新字新仮名) / 紫式部(著)