“難易”の読み方と例文
読み方割合
なんい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
併し、若し犯罪の軽重よりも、発覚の難易を目安にして考えたならば、場合によっては(例えば蕗屋の場合の如きは)寧ろ窃盗の方が危い仕事なのだ。
心理試験 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
そして、四国攻略の難易は、まだたれにも見通しもつかず、もし秀長秀次の力に及ばなければ、秀吉自身の渡海すらあろう——といわれていた直後である。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
著者大正十二年關東大地震東京帝國大學内地震學教室にあつて、水無しに消防從事したしい經驗してゐるが、用意があつての消防比較して難易くことは
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)