“閨中”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けいちゅう66.7%
けいちゆう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“閨中”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学4.3%
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この生活苦と、仁義、公儀の八釜やかましい憂世うきよを三分五厘に洒落しゃれ飛ばし、かみは国政の不満から、しも閨中けいちゅう悶々事もんもんじに到るまで
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それは当年行われた閨中けいちゅう隠語いんごであった。
庚娘 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
司馬温公しばおんこう閨中けいちゆうにて語りし言も、人に對して言ふべからざる事無しと申されたり。
遺訓 (旧字旧仮名) / 西郷隆盛(著)
閨中けいちゆう秘語ひごを心たひらかに聞くごとし町の夜なかにかはづ鳴きたり
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)