“閨技”の読み方と例文
読み方割合
けいぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もって来て、おじさん、閨技って何? ッて訊きほじるのさ。弱ったネ。なるべく、ほのかに描いて欲しいなあ
随筆 私本太平記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
Kama Sutra や Ananga Ranga にでてくるような、閨技秘奥や交合の姿態などを細密に説いて、旦那がたをよろこばせ、若い夫人たちの顔をくするのを
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
それはマナ板にのせられた一個の白い女体が、あの異常な閨技をほこる主君のうでに、思うさま分解され変質されているような光景を彼のあたまにこく染めていたのだった。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)