“花穂”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かすい33.3%
はなほ33.3%
ふさ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“花穂”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学8.3%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして花穂かすいほう暗赤色あんせきしょくであるから、わがバショウの葉の裏面りめんが緑色で
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
春に新葉しんようとも茎上けいじょうに短い花穂かすいをなし、数花が咲くのだが、ちょっと他に類のないめずらしい花形かけいである。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
この景色は荒れた寺の門とそのへんの貧しい人家などに対照して、私は俳人其角きかく茅場町薬師堂かやばちょうやくしどうのほとりなる草庵の裏手、たで花穂はなほに出でたる閑地に、文七ぶんしちというものが元結こぐ車の響をば昼もひぐらしに聞きまじえてまた殊更の心地し、
そのわかわかしい花穂ふさにほひが暗みながらむせぶ、
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
黄色い、新しい花穂ふさ聚団あつまり
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)