“胡蜂”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こばち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“胡蜂”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 自然科学 > 論文集 評論集 講演集(児童)50.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
けれどもその結果は、蚊に螫されて赤くなるやうに、赤くなるだけで、それよりも心配な結果は何んにもなかつた。同時に人は弱い皮膚を痛めないやうに、いろんな注意をしなければならない。吾々が胡蜂こばちに螫されるのを避けるのも、法外な驚きをまぬかれさせる。それは非常に痛むのだ。