“置事”の読み方と例文
読み方割合
おくこと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其方儀久兵衞を盜賊と知らずと雖も不正の金子を置事不屆に付屹度め申付べきの處格別の御憐愍を以て過料錢七貫文申付る
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
思ひ我が亡跡よ此外に頼み置事なし汝にひしも因縁ならん疾々見付られぬ歸るべし/\我は仕殘したる事ありと云ひつゝ引窓よりずる/\と這入質物二十餘品を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)