“紺脚絆”の読み方と例文
読み方割合
こんきゃはん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紺脚絆に当てて、腰に分銅秤を差している。もちろん町人で、しかもこの頃入って来た旅の者らしい。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ふかいつづら笠に面体は隠れて、編目の隙に、きらりと眼が光るだけだが、道中合羽紺脚絆、あらい滝縞の裾を尻端折って、短い刀を一本ぶっ差した二十七八のまたたび姿。
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
べんけい単衣紺脚絆、笠を抑えたらしい時、お綱はちょッと振り返って、何だか見たような男と思ったが、雨と風に吹き別れて、街道筋の旅人もみな散り散りに影をめてしまった。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)