“百鳥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ももどり57.1%
ひゃくちょう14.3%
ももとり14.3%
もゝとり14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
並木のこずえには、高々とうたう春の百鳥、大地はシットリとをふくんで、なんともいわれないすがすがしさ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「絵柄は、わたしも、随分と吟味いたしたつもりで——鷹は、百鳥のつわもの——一度見込んだ対手は、のがしっこがないといわれてますゆえ——」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
千曲川の岸に蓮華草が咲き、姥捨山の山つづきに百鳥りを交わすようになると、向かい合った稲荷山と篠井の里とは、薄紫の春霞に朝と晩とを化粧され
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
影みせぬ百鳥羽掻絶間なく、けぬればその歌をきかむ……
カンタタ (旧字旧仮名) / ポール・クローデル(著)