“白眼:にらん” の例文
“白眼:にらん”を含む作品の著者(上位)作品数
国木田独歩1
谷譲次1
“白眼:にらん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
屹度きっと三人の方を白眼にらんで「大馬鹿者!」と大声に一喝いっかつした。
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
物資欠乏の背の重い「友達タワリシチ」たちが、うなだれるかわりに理想を白眼にらんで昂々然と鋪道を闊歩し、男も女も子供も犬も街上に書物を抱え、私有財産を認めない掏摸すりがその本を狙って尾行をつづけ、お寺の金色塔に赤旗がはためき
踊る地平線:01 踊る地平線 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
PR